記事一覧

男の人

偏頭痛をサプリで改善|健康を守るための取り組み

辛い症状に役立ちます

緑の錠剤

むくみの解消には専用のサプリがおすすめです。むくみ対策用のサプリはカリウムを含むものが一般的であり、摂取することで利尿作用をもたらします。このため、なかなかトイレに行けないタイミングの場合の摂取には注意が必要です。

読んでみよう

疲れた体を癒します

サプリメント

オルニチンは、アルコールによる疲労や、日常生活での疲労を改善してくれる成分です。シジミなどの食物から摂取することも可能ですが、手軽に摂取できるのは、サプリメントです。ご自身に合ったサプリメントを、インターネットの口コミを参考に選んでみましょう。

読んでみよう

生薬で辛い症状を改善

ゴマ

更年期の辛い症状を改善するために漢方を活用する事で改善する事ができます。辛い症状の多くは毎日生じている訳ではありません。症状が現れたときには女性更年期のための漢方製剤製品を活用して症状の改善を試みてみましょう。

読んでみよう

尿酸値を下げる

頭を押さえる男性

体重をコントロールする

尿酸値が高い状態が続くと関節などに激しい痛みをともなう痛風を発症する恐れがあります。痛風を予防するには、食生活と運動で体重を適正にコントロールすることが最も効果的です。尿酸値が高い時は様々な原因があります。肝機能障害がない場合には太り過ぎは大敵です。またアルコールや糖類が多いジュースの飲み過ぎ、果物の食べ過ぎ、肉の食べ過ぎ、水分の摂取量が2リットル以下と少ないなども尿酸値が高い原因です。なおコーヒーと乳製品は尿酸値を下げ痛風予防になりますが、乳製品の摂り過ぎは肥満を招くので、食べる量には十分気をつけてください。水分は、むくみがなければ寝る前、飲酒後、日中を含め2リットル以上をこまめに摂るようにして、早いうに尿から排出することが大切です。

野菜と水分を摂る

尿酸は細胞の新陳代謝によって核酸中のプリン体が肝臓で分解肝臓で分解されて生じる老廃物です。検査値が8mg/dLを上回ると足の付け根や足首などに痛風による痛みが出やすくなります。特に慢性肝臓病があると尿酸値が上がりやすいので要注意です。痛風予防のため、尿酸が高い人はプリン体の多いレバー類、白子、小魚(煮干し、じゃこ、しらす干し)エビは控えた方がいいです。プリン体は肉と魚介類に多く、大豆製品や卵野菜には少なく、あったとしても無視してよい程度の量です。さんまやアジにも多いですが、魚を毎日1回、1匹食べる程度であれば問題ありません。それよりも肥満を予防するために炭水化物を控え、肉以外のタンパク質源を中心に、十分な野菜と水分を摂ることが重要です。栄養を十分に摂取することができない場合はサプリを服用すると良いでしょう。サプリには数多くの種類があり、含まれている成分はサプリによって異なります。ですが、栄養を摂ることで様々な症状を緩和することができ、例えば偏頭痛で悩まされている人は少なくありません。この偏頭痛もサプリによって緩和していくことができるので、悩みを解消することができるでしょう。